【12/28 15時〜開催分で封印します】

呪いとラポール講座


 呪いの技術と知識は、呪うために身につけるのではなく、呪われた時のために必要です。

 

 情報空間での注目度や存在感が大きくなるとまったく関係のないところからでも呪いが飛んでくることがあります。

 

 姑息な相手なら、実力では負ける本人ではなく家族をターゲットにしてくることもあります。

 

 そんなとき呪いについての知識があると症状も軽いレベルで対応することができます。

 

 また呪いとセラピー、ヒーリングは背中合わせの技術とも言えます。黒いヒーリングと白いヒーリングと呼びわけてもいいほどふたつは良く似ています。

 

 呪いは、相手が受け取りを拒むような情報を受け取らせるほどの技術が必要ですから、呪いがうまいひとはセラピーもまた高いレベルでこなせるのです。

 

 

 このレベルになればどんな情報の出し入れも書き換えも可能となるはずです。

 

 この講座の技術は非常に強力なため、期間限定での開催となりますので2018年末をもってクローズいたします。


1Day講座 7時間

 

受講料 32万円  

再受講 2万円 *再受講にクーポンはご利用いただけません

 

以下の講座を受講されている方は 27万円

 ・情報場マネジメント

 ・メタセオリック・セラピー〜治しすぎてはいけない

 ・シニフィアン<洗脳記号論>

 ・リュミエール〜信念の書き換え

 ・情報空間ホメオスタシス

以下の講座を受講されている方は 29万円

 ・情報空間風水

↑支配的なラポールの取り方

 

<コンテンツ>

 

・呪いとは何か

・呪いのシステムと情報空間における機能を知る

・呪われたときにすべきこと、してはいけないこと

・呪いを動かすエネルギー

・呪われた状態を知る/呪ってみる

・相手の結界を利用する

・隠されている真の弱点を見つけだす

・浄化

 

・強力なラポールをもった関係を作る