上 級 講 座


情報を高いレベルで書き換えられるひと、抽象度の高い技術を作ることができるひとというのは技術を扱う能力が高いだけでなく、IQもあわせて高いものです。

 

この場合のIQの高さとは、情報空間に対する知識量の多さとその応用力の高さに比例するものです。

 

スポーツのチームが、優秀なプレイヤーばかりいても、優秀なコーチ(監督)がいなければ素晴らしいチームになれないように、われわれも技を使う能力だけでなく、情報空間を理解しそのシステムを駆使するだけの知性、あるいはマネジメント能力が必要だということです。

 

技は使えるのに術者、コーチ、セラピストとして伸び悩んでいるという人は、このコーチやマネージャーとしての視点が不十分なことがあります。

 

そのため情報空間のシステムを理解する知識と使いこなす能力の両方を育てる上級講座を用意しました。

 

このシリーズの講座では、抽象的にイメージされがちな情報空間を具体的なイメージで定義しなおしています。

 

具体的なイメージの中で情報空間を捉えなおすと、その機能を使いこなしやすくなり、技術を自作する際にも精緻に作ることができます。

 

また技術を使うときの曖昧さもなくなり、そのことは施術のより明快なフィードバックとなって表れてくるようにもなります。

 

情報空間を使いこなす秘密と奥義の数々をお伝えしますので、さらにハイレベルなコーチングやセラピー、ヒーリングを行いたいという方だけでなく、世界のカリスマたちのように情報空間を自在に使いこなしたい、情報空間のマイスターになりたいというひとまで、幅広くお薦めできる講座です。

 


講座ラインナップ

コーチングやヒーリングの効果が長く続かないのは情報空間においてもホメオスタシス(恒常性維持機能)という厄介なシステムが機能しているからです。

情報の書き換えの最大の敵であるホメオスタシスですが、そのメカニズムを逆手にとると強力な味方にすることも可能です。

この講座では、ホメオスタシスがもつの5つの主要な機能を詳しく解説し、使いこなすためのコツを伝授します。

情報空間のホメオスタシスとは誰でも利用可能なシステムですので、コツさえわかれば誰もが驚くべき引き寄せや書き換えを実現することができるようになります。

画期的かつ大人気のHASUMIの代表講座です。

コーチングと洗脳に技術的な違いはありません。

クライアントにとって理想的な存在となり、圧倒的な信頼感を持たせ、相手の使う言葉や潜在意識の中のイメージをこちらが自在に操作できてしまうなら、コーチングも洗脳(脱洗脳)も思いのままとなります。

この講座ではそのような状態を短時間で作り上げてしまうことが可能となる技術を提供しています。

 


治すことに執着する2流のセラピストやヒーラーから脱し、クライアントに浅くコミットしつつ、IQの高いクリエイティブな施術を実践していくための考え方と技術が身につきます。

 

「セラピーするときに感じていた辛さや苦しさがなくなりました」「セラピーに対する考え方が180度変わりました」などの声を多数いただいています。

アクセスすればどんな情報も手に入れることが出来る、と言われたりも情報場ですが、それは本当でしょうか?

なかなかうまくダウンロード出来ない情報も結構あると思いませんか?

この都合よく理解されがちな情報場という概念をいまいちど具体的にイメージし直し、その機能を理解することで、情報場からより精確で密度のある情報をダウンロードすることができるようになるための知識と技術を提供しています。

情報空間で機能するアプリケーションを自作するコツが学べます